筆箱採集帳

e0089155_15125562.jpg

いつも見に行っている文具屋さんの通販で買いました。

「筆箱」という言葉の響きがとても懐かしいです。

今の子どもたち、学生さんは筆箱なんて言わないでしょうね。

ペンケース・・・かな・・・
これくらいしか思いつきません。

わたしが学生の頃は筆箱と言っても筆は入っていませんでした。

でもなんの疑問も持たずに筆箱と読んでました。
また、筆入れとも言っていました。

この本は老舗文具店の社長、セレクトショップのオーナー、イラストレーター、
建築家、ライター、ウェブディレクター、デザイナー、小学生、中学生、大学生、
看護師、保育士、医者、神主・・・etc

形59人の筆箱が美しい写真とともに筆箱と中身について書かれています。

写真と文章のレイアウトが完璧なのも素晴らしく、一気に読みました。

他人の筆箱など滅多に見られるものではありませんから興味深く、また自分の
筆箱と比較してみたり、参考になりそうなページが満載でした。

さて、私が所有する筆記具をはじめ、消しゴム、定規、ルーペなどの文房具が
いったいどれほどの数になるのか数えたことはありませんが、時間を作って
整理もかねて、私独自の筆箱を作ってみようかと考えています。
by zederauge | 2009-02-03 15:31