スプリント

今年最後の歯科治療が終わりました。

噛み合わせに障害が出て、顎の動きを機械で記録したり、左右の歯を削って
噛み合わせの調整をしたりしました。

結果、ストレスが原因だと解り、先日「スプリント」なるものを作って、寝るときに
下の歯に装着しています。

スプリントとは下の歯型をとって、透明の強化プラスチックのようなもので作ったもの。

噛み合わせがきちんと合わないように高めに作ってあって、眠っているときに
強く噛み締めることができないようになっているのです。

検診の時に持参して、眠っているときの噛み合わせがどうなっているのか、
(たとえば眠っているときに歯ぎしりをしているかとか)
歯型と同じに作ってあるスプリントを見て診断するのだそうです。

それにしてもストレスが原因で噛み合わせに不具合が起こるというのは初めて
知ったことです。
by zederauge | 2008-12-29 22:41