カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

声に出して読んではいけない詩

「絶対に声に出して読んではいけない詩」があります。
黙って心の中で読むのなら良いのですが、朗読してしまうと
とんでもない凶事が起こるという詩です。

寺山修司はこの詩を声に出して読んでしまったためにしばらくして亡くなったとか。

それは西条八十(さいじょうやそ 1892〜1970)の『トミノの地獄』です。
声に出さないなら大丈夫と思いますので書き写してみます。

トミノの地獄  西条八十
姉は血を吐く、妹は火吐く、可愛いトミノは宝玉(たま)を吐く。
ひとり地獄に落ちゆくトミノ、地獄くらやみ花も無き。
鞭で叩くはトミノの姉か、鞭の朱総(しゅぶさ)が気にかかる。
叩けや叩けやれ叩かずとても、無間地獄はひとつみち。
暗い地獄へ案内をたのむ、金の羊に、鶯に。
皮の嚢(ふくろ)にゃいくらほど入れよ、無間地獄の旅支度。
春が来て候(そろ)林に谿(たに)に、くらい地獄谷七曲り。
籠にや鶯、車にゃ羊、可愛いトミノの眼にや涙。
啼けよ、鶯、林の雨に妹恋しと声かぎり。
啼けば反響(こだま)が地獄にひびき、狐牡丹の花がさく。
地獄七山七谿めぐる、可愛いトミノのひとり旅。
地獄ござらばもて来てたもれ、針の御山の留針(とめばり)を。
赤い留針だてにはささぬ、可愛いトミノのめじるしに。

『トミノの地獄』は本当に「呪われた詩」なんでしょうか? 

これをお読みの方、絶対に声に出して読まないように!
by zederauge | 2008-10-16 13:56