カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

煙草考

e0089155_2333299.jpg


昨日から煙草が値上げになりました。





五月頃、値上げする前に大量に購入しようと考えていたけど
結局6月30日までの間に買いませんでした。

一箱20円ほどの値上げは、長い目で見ると大きな金額に
なりますが毎日一箱とかカートンで買ってもそれほど高い
値上げとは感じられないものです。

東京での四日間、目にした光景。
「歩き煙草」をしている人がやたら多く、びっくりしました。
札幌では歩き煙草は2000円の罰金です。
東京と言っても区によってもそれぞれ条例などがあるのでしょうけど。
なんと大雑把な町なのだろうと思いました。

値上げ当日の7月1日は町のいろいろなところの煙草自販機に
7月1日より値上げします、と張り紙がしてありました。

でも買っている人たちをたくさん見かけました。

前回も然り、今回の値上げによって煙草をやめる人が急増するとは思えません。

煙草をやめられない人は「ニコチン依存症」という「病気」だそうです。

わたしはかなりのヘビースモーカーですが、やめようとかやめたいとか
考えたことがありません。

風邪をひいたときは吸いたくなくなりますが、煙草がなくなると苛々します。
これはやはり病気なのでしょう。

煙草を禁じられて、三分間で胃潰瘍になったという事例を聞いたことがあります。
煙草に限らず普段の生活を変えようとすると、余計に病気になってしまいそうです。

思い出しました。
「たかが、たばこ されど、たばこ」という本の中に書かれていましたが
JTの社員の職種のなかで、煙草の葉をブレンドするブレンダーという
人たちがいて、一日に400本の煙草を吸って味見をするそうですが、
その人たちの中で肺がんになった人はこれまで一人もいないそうです。

尤も煙草と肺がんの因果関係はまだ解明されていませんが。

屋内で吸う煙草より戸外それも海辺で吸う煙草が一番美味しいと感じます。
空気がいっぱいあるところ、煙草の煙が見えるところということでしょうか。

医療に携わる人たちからは顰蹙をかうでしょうが、煙草にもたくさん
利点があると思っています。

※写真は二女が勤めている会社の煙草を東京でプレゼントしてくれたもの
 いつもはショートホープです。

by zederauge | 2006-07-02 23:38 | 日常