カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

嬉しい言葉を戴いて・・・


一昨日と昨日は幾人かの方々から嬉しい言葉を掛けていただきました。

一昨日夜、お酒の会に出席したときのこと。

○○さん「仕事辞めるんだって、月刊お○る、どうなるの」

○△さん「あなたが辞めたら月刊お○るつぶれるでしょ」


そして、昨日。
会社からの帰り道で、何年も会っていなかった方が車で通りかかり
車を止めて、わざわざ降りて立ち話をしました。

二十年くらい前に取材で初めて出会った方で、
その当時は小学校の先生から教育委員会へ異動してきたばかりでした。

とても先生とは思えない幅広い人という印象を今も憶えています。

現場(学校)には戻らず、文学館の館長で退職され
退職後は観光協会の常務理事をされ、
その後は民間の会社勤めを最後に悠々自適の生活に入られたのです。

年に一度の年賀の挨拶だけで同じ市内に住みながら
何年も会うことはなく、偶然でした。

その方が「あの人(社長のこと)に長い間よく仕えてきたね。ご苦労さん。
      私はあなたにたくさん影響をうけたよ」

今月あとわずかで退職ですが、小さな狭い町ですから
私が仕事を辞めることは人から人へ伝わっているようです。

嬉しい言葉を戴いて、幸せだと感じています。
私がしてきた仕事を見守り、認めて、理解してくれる人が
いたというだけで感謝です。

仕事のゴールはあと少し。

私は幸せ者です。
by zederauge | 2006-05-19 23:44 | 仕事