カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

万年筆


昨日から少しまとまった自分の時間がとれるようになって
気が緩んでいる。

路地裏の住民は家の周辺の雪割りに精を出し、
日に日に眼に見えて雪の量が減っている。

今日の気温はプラスの8℃。
暖かいのか寒いのか、中途半端な体感温度。

ひとたびスーパーなどの建物の中に入ると
薄いコートでも汗ばむ。

例年感じることだけど、多分室温の設定が冬のままか、
あるいは少しだけ下げただけで、中で働く人にとっては
快適な温度なのだろう。

**************************************

ここ数年、パソコンで原稿をかくことが多くなったけれど
手紙やメモは昔からそうだけど、鉛筆でもなく、ボールペンでもなく
万年筆で書く。

万年筆を初めて使ったのは中学校入学のときに
お祝いに戴いた万年筆だった。

なんだか大人になった気分がしてノートにいたずら書きのように
たくさん文字を書いた記憶が甦る。

万年筆とは長い付き合いになる。
これまで廉価なものから高価なものまで使ったが
何本の万年筆と出合って別れたか憶えていない。

学校の床に落としてペン先を駄目にしたもの
汲み取り式のトイレに落としたもの
気に入らなくてまとめて何本か捨ててしまったもの
欲しいと言われて友人にあげてしまったもの・・・・・

おそらく数十本はくだらないだろう。

今持っている(愛用している)のは
  ・ペリカンのスーベレーン
  ・セーラーの1911
  
この二本だけで書き続けて十年にはなるだろう。
二本のうち出番が多いのはペリカンのほうだ。
ニブBなので長い時間書き続けても疲れないのがいい。


****************************************
e0089155_054921.jpg

今年の誕生祝いに娘から贈られた万年筆がこれ。

LAMY safariというもの。

全く知らなかったドイツのメーカーだ。

意表をつくデザインにまず驚き、ペン先がスチールというのも驚きだった。
書いてみるとその書き味のよさもいい。
ボディの赤は好きな色だし、カートリッジだがコンバーターが
使えるというのも気に入った。
ニブはFで細からず太からず。

今後さらに活躍しそうな予感。


********************************************
e0089155_0183861.jpg

そんなわけで気に入ったものにはとことん執着する性格なので
もう一本、色違いのスケルトンをネットで購入した。
使い分けができるように、スケルトンのほうはニブMにした。

こんな些細なことで、幸せな気持ちになれるのです。
by zederauge | 2006-04-17 00:30 | お気に入り