大好きだった人

ここ一ヶ月あまり、夜中に何度も覚醒する。
そして、夢見が悪い。

しかし、一昨日の未明に見た夢は悪夢ではなかった。

もう亡くなってしまったけれど、私の若いころすごくお世話になった人が夢に現れた。

私がなにかから逃げている。
幾人かの友人たちが助けてくれている。
具体的になにから逃げているのかは判らないけれど、
私にはわかっていた。

(私が現実の世界で置かれている現状から逃げたい)
ということなのだ。

とうとう逃げ場が限られてきたとき、
その彼が現れて、
「うちに来いよ。泊まれ」と、言ってくれた。
ホッとしたとき、目が覚めた。

亡くなった人、大好きだった人が夢のなかであっても話ができて
ほんとうに嬉しかった。

もっともっと生きていてほしかった人だった。

会いたい…

写真で会おう・・・
by zederauge | 2015-09-25 12:55 | 日常