2006年のはじまり


元旦は朝からお節をつまみながら日本酒を楽しみ
ふわふわと良い気持ちになるまで飲み続けた。

今日は午前中から外出

かつては、おもちゃ屋さんの中がお年玉を持って、欲しいおもちゃを
真剣に選んでいる子どもたちで溢れかえっていたけれど、
そんな光景は見られなくなったのは寂しい。

町はそれなりに人がたくさん出ていたけれど
あまりお正月らしくない感じだった。

そんなふうに思うのは私が齢をとったせいなのだろうか。

子どものときのわくわくとした気持ちのお正月を思い出す。

一年のはじまりは特別だけど、一日一日は普通に過ぎていく。

だからその一日一日を大事に思いながら過ごしたい。
by zederauge | 2006-01-02 00:29 | 日常