結膜結石

e0089155_1615926.jpg

ベランダに積もる雪が大変なことになってしまった。

11月の中旬から右目から悲しくもないのに涙が溢れてくるように
なった。
単なる「涙目」かと想像して、齢のせいで仕方がないと諦めの
気持ちでいたら、そのうち右目の上瞼の裏側に異物感があり、
ゴロゴロ、チクチクし始めた。

ずっとそんな状態が続いて、市販の目薬をさしていたけれど、
12月に入って、どうも症状が悪くなる一方で、ようやく重い腰を上げて眼科の受診を決心。

12月24日。
あまり評判の良くない眼科だけど、ネットで調べて女医さんと
先代の息子の診療日ということで、行った。

大雪が降り続くなか、行ったら年配の女性がたくさん待合室に。
時間がかかりそう・・・と思いながら、待っていると、それほど待たず
名前をfull nameで呼ばれ、案内された診療室には女医さんが
待っていた。

一応両眼を診て、違和感や痛みを感じる右目を診て、
「石ができてます」と女医さん。
(えっ!? 石って?!)
と、心の中で驚愕。

右目上瞼に石ができたせいで、ゴロゴロ、チクチクしていた
ことが判明。

目薬の麻酔をして、細く、長い刃物のようなもので、取ってる感じ。
すぐに終わって、
「下瞼にもひとつ石があったから、それも取りました」と、女医さん。

合計ふたつの石を取り除いてもらったら、すぐに違和感や痛みが
なくなった。

看護師さんがふたつの石を見せてくれた。
茶色い色をしたゴマ粒のようなものがふたつ。
瞼の裏に石ができるなんて知らなかった。
素人に言ってもわからないだろうと正式な病名は
言ってくれなかったが、帰宅後ネットで調べたら「結膜結石」と
いうものらしい。
再発するとも。

このまま放っておいたら、年末年始は不快感いっぱいで過ごす
ことになったでしょう。

とにかく、原因が判ってよかった。
by zederauge | 2014-12-27 16:32