2013年の幕開け

l2013年の幕が開けました。

昨年はいろいろ在り過ぎて振り返ると頭の中でごちゃごちゃに
なっていますが、なにはさておき、二女の結婚式がトップイベントでした。
一番嬉しいのは二女が嫁いだ先のご両親が好感の持てる方々で
あること。そして私の常識と近いこと。
これは、私にとって大事なことだ。

そして、自分自身のことについては、ネット上でもリアルでも
幾人かの人たちとの新しい出会いがあっったこと。

買い物では除湿器を購入したこと。
石原5年日記を購入したこと。
万年筆は買いませんでした。
iPhone5とMBAを購入したこと。

たいしたことはなかったけれど、結構幸せでした。

元旦から夫と口論になりそうになったけれど、これはいつもの
ことだから論評はしないけれど、これまでお互いの思想、考え方
が離れてしまうと、話はできないが、それでもと思って話をすると
口論になってします。
論争はしたいけれど口論は望んでいない。
だから、元々生まれも育ちも違った者同士が一緒になったのだから
当然、それに年齢差が大きいことも一つの大きな要因なのだと
いう結論に至りました。

今年の目標とかは明確になってはいませんが、少しずつ生き方を
変えてみようと考えてはいます。
小さなことから、ほんとうに少しずつ。

1昨年から依頼原稿を書いているのは、夫には秘密にしている。
私が書く内容に悉く反対の立場の夫には読んでほしくないから。
でも、読者さんからの反応(とても参考になったなど)を時々
知らせてくれるのは嬉しいことだし励みになる。
私の考え方に賛同してくれる人がたくさんいることが筆を
走らせてくれる。

ただ一つの大きな不満は、もうずっと以前から思い続いていることで
娘たちが泊まりにくると、部屋がとんでもなく狭いし、私が寝る部屋は極寒になって眠れないこと。

多分、死ぬまで大きな家には住めないだろうと考えると、哀しい気持ちになる。

さて、今年はどんな1年にしようか。
楽しい、面白い、明るい1年にしたい。
by zederauge | 2013-01-04 13:40