2011年から2012年へ

2012年が明けました。
昨年は暮れも押し迫ってから精神的にあわただしい毎日で
年賀状も昨日書き始めて、やっと半分。
残りは今日、一度寝てから書きます。

昨年は原発事故が日本列島を震撼させ、事実を公表せず
風評被害などと言って国民をだまし、嘘だらけの報道を見せられ
それを信じた人たち、反対に、嘘を見抜いてツイッターなどで確かな
情報を発信して危険性を訴えてくれて、何が真実かを考えさせて
くれたことも、自分自身にとって大きな進歩でした。

個人的には47年ぶりに再会した中学の時の同級生との再会は
感動でしたし、この上ない喜びでした。

また、年末には親しかった人が亡くなり、哀しいというより残念な
出来事もありました。

嬉しかったこと、楽しかったこと、哀しかったこと、いろいろあるのは
どの年も大同小異ではありますが、とにかく原発事故のことが頭から
離れない年でした。
年明けにも震度3の地震がありました。
今の寒い季節に大きな地震がきたら、大変です。
原発事故は地震のせいではなく明らかに人災にほかなりません。
老朽化した原発がたくさんあります。
もしそれらが地震によって昨年の311のようなことになったら・・・と
考えるとゾッとします。

今年は昨年よりもよりよい年になりますよう祈るような気持ちです。
by zederauge | 2012-01-01 01:19