カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

The・Newspaper


27日、木曜日、夜。

『ザ・ニュース・ペーパー』の公演を見に行った。

五年ぶりの小樽公演という説明に改めてそんなに長い間

小樽公演はなかったのかと振り返る。

メンバーの多くは知らない顔ばかり・・・。

以前から変わらないのはリーダーを含め四人だけだった。

彼らの舞台はブラックというか、タイムリーな時事ネタを

ばっさりと一刀両断にするコントだ。

テレビ等で目にするお笑いとは比べ物にならないほどグレードが高い。

今回印象深かったのは、小樽の現況を皮肉ったコント。

大型商業施設の名前が変わったこと、デパートが閉店したこと、

日本銀行が「金融資料館に姿を変えたこと等々。

そして、郵政民営化、自衛隊の海外派遣、愛知万博、マツケンサンバなど、

面白おかしくコントに仕立て、会場は大爆笑の渦。

毎回楽しみにしているのは「さる高貴なご一家」と「立松和平の物真似」。

一歩間違えば某団体に刺されかねない内容をコントにしてしまうネタだ。

しかも、変装というか、なりきって演じるのだから笑える、笑える。

最近、大声で笑ったことがなく本当に久しぶりに思いっきり笑った夜だった。



e0089155_23125068.jpg

この写真の女性は、(いや、間違い、男性です)前に一緒に飲んだことのあるメンバーの一人。

舞台の合間に自身を携帯で撮った写真。

翌日28日に私の携帯に送ってくれた。

綺麗な顔立ちの男性で、女性の役が似合う。

はまり役は「金正日」だそうだが、今回は見ることができず残念だった。


公演の帰り、しばらくぶりに屋台村へ。

どのお店もほぼ満席で賑やかで、どこの店にも知った顔が見えた。

その中の一軒に入った。

焼尻出身のお母さんがやっているお店。

日本酒を注文し、キンキの煮付けを肴にお調子四本。

笑った後のお酒の所為か、小気味良いくらい喉を通過するお酒は美味しかった。

その後はご無沙汰しているスナックへ。

そこではウィスキーの水割りを呑んだけど、まるで水のごとく呑めた。

気持ちが高揚しているのか、とにかく美味しいお酒を呑んだという気がする。
by zederauge | 2005-10-29 23:32 | 娯楽