カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

消しゴム

鉛筆で書いた文字を消すためのもの‘プラスチック字消し’いわゆる「消しゴム」

大人になると「消しゴム」はそうそう気になる存在ではなくなります。
1つあれば、かなり長い間使えます。
子どもの頃は友だちの筆箱の中身が気になったり、
素通りできない文房具屋さんがあったり、
常に新しい何かを探していたものです。

ここ何年かはただ四角いだけのものでなく、
細かい文字を消し易くするための工夫が施された商品が店頭に並びます。
使っていくうちに頭が丸くなり、細かい部分が消しにくくなります。
そこで、「カド」がいくつも連なって常に「新しいカド」が出てくるカド消しと呼ばれているもの、
細身の消しゴムがスティックの中から繰り出し式で出てくるもの、
コイル状になっていて、いつでも細い部分が紙に当たるようになるものなど
今どきの消しゴムは進化しています。

そして、文字を消すだけでなくもう1つ、大人の消しゴムの使い方があります。
いつもお世話になっている時計やさんのご主人から教わったこと、
『シルバーアクセサリーを磨く』ことです。
アクセサリーだけではなく、シルバーのライターもピカピカになります。

プレーンなデザインのものはもちろん、細かな細工のあるものは、消しゴムで
きゅきゅっとこするだけで、見違えるほどに輝きを取り戻します。
by zederauge | 2009-06-19 19:05