カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

警察権力とは…

タイムリーな記事から遅れましたが、菅家さんという方が、当時の簡単な、
しかも未熟なDNA鑑定で犯人とされ、17年間も収監され、新たな鑑定結
果が別人と判明し、釈放されたというニュースを聴いたときは恐怖で打ち
震えました。

釈放という言葉は当てはまらないでしょう。

無実だったのですから。

警察権力の横暴さ、でたらめさ、いい加減さは、常々感じていたものの
またか・・・という思いを強くしました。

大学生の時、学生運動が盛んで、私もゲバ棒こそ持ちませんでしたが
激しい言動をしていた頃、警察の公安課が突然来て、家の中を家宅捜索
されたことがあります。

警察ってひどいのですよ。
強盗が入ったように足の踏み場もなく荒らして、そのまま帰って行きました。

また、高校生の時ですが、忘れられない出来事がありました。
下校時、本屋さんへ行く途中、男女二人連れの私服に呼び止められ
カバンの中を調べられたことがあります。

どちらも正しいことをしているという気持ちでしたから、堂々としていましたが、
それにしても不愉快極まりない出来事でした。

このたびの菅家さんのことで、思い出しました。

菅家さんはほんとうに気の毒です。
憤りを感じています。

警察権力の体質は昔と少しも変わっていません。

制服の警官を町で見かけると、飛び蹴りをかけたいくらいです。

もちろん、きちんとした警察官もいます。
でも、そういう人は警察権力のおかしさに疑問を抱き辞職、別の仕事に就いた
人を二人知っています。
by zederauge | 2009-06-07 14:32